elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0737 化物語読了

図書館でその場にあった化物語(下)とその巻末で紹介されていた傾物語鬼物語を借りてきたが順番間違えたらしいorz

化物語(下) (講談社BOX)

化物語(下) (講談社BOX)

化物語の感想としては(ネタバレ有り)

  • ビックリマンネタが懐かしい!!(十字架天使じゃなくてアローエンジェル*1なあたりも細かい)
  • 『ねこ・ねこ・幻想曲』懐かしい!!(高田エミ先生、今はアロマセラピストなのね)
  • 戦場ヶ原さんが仕組んだ最初のデートで何故か涙が止まりませんでした


コレって何の涙かなぁ。「コレで全部」なんて悲しいこというなよぉぉ〜!! とか、コレで全部なのねという哀れみとか同情とか、そういう成分と、そのすべてをアララギ君に差し出すわって心意気に打たれたのと。でもやっぱ同情してしまったのかなぁ。
戦場ヶ原さんが「全部」だと思っているモノ。全部だと「思ってる」こと、どっちにも同情してしまった。
同情されるようなお人ではないのだけど。


アララギ君は駿河ちゃんに、会う順番が違えば付き合っていたかもとか、結構簡単に思うし口にするんだよね。それを思っても良いという甘えも一つの信頼関係を表現してるのかもしれないけど、そういうこと思ったり、話したりするのって確かに軽薄だわ。軽蔑するわ。(誰w


てっきり吸血鬼話と猫話で終わるんだと思ったら、そっちは置いておいての新しい猫話で終わった。
アララギ君の愉快なハーレム物語。

*1:クロスエンジェルだったかもと読み直してたら「宅急動」ってのが一カ所あって誤変換なのかわざとなのか分からない