elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0728 愚痴愚痴

毎度のことだけど、母に愚痴ってはその後味の悪さにもやもやしております。

今回愚痴ったのは

No.0722 その正しさは私にとって何も価値がない - elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん
http://d.hatena.ne.jp/elve/20150814/1439554750

の話。要約すると同居人が自転車に乗った外国人に喧嘩を売られて買って警察沙汰になった。
「あいつも運がないな。俺みたいな暇人に喧嘩売るとはwww」という台詞から、暇つぶしに警察を呼んだらどうなるか実験した感もあった。
すべてが嫌だった。あとわずかな期間しか妊娠可能期間がないが、この男の子供だけは産みたくないと思った。
(セックスしてないしピル飲んでるから心配無用ですが)

何故母に愚痴ったのか

毎日同居人としか話していない生活でコンタクトを気軽にとれるのが母しかいなかった。
親友は、たぶんこちらに配慮してくれただろうけど忙しいSEさんなので平日の昼間に愚痴れる相手ではないw

結果

「やだ、同居人さんってもっと大人だと思ったのにお兄ちゃんみたいなところ有るのねぇ〜www」←これは私も思っていたのでまだ良い
「同居人さんもお父さんといっしょね。お父さんもお母さんが結婚してあげたから家庭持てたけど、お母さんと結婚してなかったらきっと一人」←今度は父かよ
「同居人さんもelveが結婚してあげなかったら結婚できない男なのよ」←いや、自分を私に被せてくるなよ
「やっぱり子供いないとカタワなところ有るよね」←お前の子供3人ともカタワになるぞ
そう思われるのがイヤなのにそう思われそうな事態になったことがイヤだったと伝えると
「でも世間はそう見るよ」←世間じゃなくてお前だろ、的な
まぁ、相場でみたら7万以上の家賃を免除して貰ってるから、あんまり文句も言えないよねぇ。そんな簡単に一人暮らしもできないし的な事を言ったら
「お母さんにお金があったら今すぐ別居しなさいって言うんだけどねぇ〜今ないの、ごめんねぇ」←いや、その判断は私がするから支配しないで

理想

たぶん親友(男性不信で独り身)に愚痴ったら、まず「君が結婚までした人を悪く言うのはすまないが」と断ってくれる。
これだけでも随分救われる。そしてきっと
「随分子供な対応だねぇ。一緒にいた君が大変だったろう」
くらいで労ってくれると思うのだよね。
いや、実際にはぷぎゃーとかされる可能性もあるから変な期待するのもぶっかけなんだが。


母の言葉の端々に私の不幸を(心底心配することも含めて)ちょっと楽しんでる節があって非常にもやもやする。
まぁ、じゃー愚痴るなよって毎回思うのだが、「何でも話し合える親子」ごっこしていた呪縛から逃れるのも難しいのだよぅ(;△;)