elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0561 恋愛山月記


時代 -ライヴ2010〜11- (東京国際フォーラムAより) - YouTube



私はビッチ。@オチューンとセックスして振られてきた件 - 一人暮らし・フリーターでも30歳までに1000万貯蓄出来たアンビバレント女々がはてなユーザーの力を借りて高学歴になるブログ。

を読んでいて、Ubuntuを思ったがどちらかと言えばはしごたん案件だった。

そして、自らセフレから彼女になる道を周囲を巻き込んで盛大にぶっつぶす、という3年前の自分でもあった。

特に感傷的な気分にはならなかったのだが、よそ事だと冷静にみれるというか、当時は自分が惨めで可哀想だったが、そらまぁそうなるよな、という話でだなぁwwww と。





3年くらいの私は派遣先で出会った年下の男性を大好きになって、離婚した。(って書いてるのに不倫目指してたみたいなブコメされたorz)

その後4,5回大好きな男とセックスできた。良かったじゃん、って話なんだけど、絶対にキスはしてくれなかった。ほかに好きな女の子が居ることを知っていた。

「内緒だよ」

そういってセックスしてすぐ帰る彼がズルいと思った。

ヤリ捨て去れる自分になるのが辛くて寂しくて悲しくて職場での飲み会で相談のフリをして話してしまった。たぶんソレは慰めて欲しかったし哀れんで欲しかった。



職場にばれていることを知った彼から言われた。

「秘密だと言ったのに喋っちゃったんだからコレでおしまい」

「今回オレも悪いけど、もう少し、人の気持ちを考えた方が良いよ」

でも、その後も私が連絡したらセックスしたw 向こうからは絶対連絡が来なかった。

んで、返事が来なくなったので聞いたら、向こうが彼女とおつきあいし始めてた。

結婚前提で向こうの両親と海外旅行とか行ってた。

「よかったね」

っていって携帯から連絡先消して号泣して派遣先やめて、北海道帰って、フィリピンで3ヶ月くらい現実逃避した。その間にペットが病気になって今年死んだ。その後首吊ろうとして失敗してあれこれあって東京に戻ってきた。



たぶん、その寂しさはセックスやペットじゃ埋まらんのよな。



んで、ビッチ自称も含めて自分が傷つきましたアピールすればするほど

30位で好きになると結婚や子供を考えずには居られないこと。

派遣先で正社員の彼に惹かれたこと自体がなんかを計算してたこと。

計算して計算して自分でご破算にしたこと。

そういうこと総合で確かにビッチだと思うわーみたいに、自分の中のビッチ(蔑称)の定義が作られていったなぁ、とかなぁ。



好きな男とセックスできることだけでは満足できないのだよな。

そしてその男を好きになるところから計算は始まっている。



3年たって、元夫宅へ戻り、これはこれで打算計算なしでは語れない。

そういう自分を受け入れるしかないのだなぁ、と思う37才後厄です。