elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0452

ラジオの時間

道民のくせに「水曜どうでしょう」を観ていなかった私はよく知らなかったのだが
鈴井貴之(?)さんと言う人が金曜日にラジオをやってて、残業短めで帰るときはちょうど聞ける。
なんつーか男ばかり3人でグダグダ話してるのが妙におもしろく、ただ者じゃね〜なと思ったら
水曜どうでしょうに出てた人らしい、と。


電波状況がアレだったり、今だに通勤時にカーナビセットしてるのでナビの声で聞こえなかったりでちょっと悲しいのだが、そういう状態で聞いていてもおもしろいなぁと感じる。


で、金曜日に誕生日プレゼントに欲しいものを投稿するコーナー(?)で、どこでもドアが欲しいという投稿を紹介していた。
どこでもドア欲しいですね、いやいやいらない、で、旅が好きな人特有の、現地に着くまでの苦労が旅行のありがたみを増している的な話でどんどん妄想がふくらみ、もし実際に一般人がどこでもドアを購入できる社会になったら、どこでもドアが氾濫し、事故が起き、規制され、ぁゃιぃ人たちが「お兄さん、どこでもドアあるよ」的な闇どこでもドア問題になるに違いない。社会とはそういうものである的な話をしていた。
無制限にアクセスできるのは困るだろう、と言う話になった。
ラジオだって投稿じゃなくて「ラジオネーム○○ですー」ってスタジオにきちゃうだろ、とw
いつ誰がどこに来るかわからなくて困るだろ、と。


で、これは物理アクセスの話だったけど、インターネットで情報のどこでもドア氾濫状態なんだろうなぁ、今。
と聞きながら思ったのだった。