elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0484

才能と個性とれりごー

アニメは久しく観ていなかったのだが、『アナと雪の女王』をみて
あの「魔法」はなんだろーなぁと思っていた
社会に(を)受け入れられれば「良い」
社会から外れて(阻害されて)しまうのは「悪い」
そう言うモノだろうか。個性や才能のメタファーなんだろーか
だとしたら、「悪い」「魔法」は犯罪者か・・・


んなことを考えていたら、スーパー銭湯的なところで
ハチミツとクローバー』を2冊ほど読んだ
はぐみは発達障害者的だが「良い」「才能」も持っているのでかろうじてヒロインなのかなぁ
ググったら最後の方で腕の筋?を切ってしまうらしく
それはピアノの弾けない「のだめ」だなぁーとか


で、白痴ヒロインてのを見かけた

彼女らは常識や生活力社会性その他もろもろを全て捨てて「可愛い」ことのみに特化し、結果として男性の庇護欲を煽る存在として人気を博している http://sktkmktks.hatenablog.com/entry/2014/05/06/014408


そうなのかなぁ?
老若男女すべての人の根底に「善し悪し関係なくこの私を受け入れて欲しい」みたいな願望があり
見た目きれいなので女の子にそれを託し、それを受け入れることで自己成就させてるんじゃないかなぁ
げ、「せいじゅ」ではないのね「じょうじゅ」なのね(ATOKに突っ込まれて赤面
成仏 うむ、読める。恋愛成就とかは普通に「じょうじゅ」って読んでたのに・・・(恥ずかしさのあまり言い訳


きっとさ、ピアノの弾けないのだめも、リハビリにくじけたはぐみも
それなりに幸せになれるよ。うん。
なれなかったとしてもそれはそれでレリゴーっすな。俺には関係ない(最強呪文