elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0449

夢を見た。
私は地元にある○○大学に通っている。なんだか引っ越しでもするのか多くの機材が廊下に出ている(その風景は高専の頃の校舎だったと思う)。
なんかあって人違いとかしたんだけどキルケちゃんと出会う。
髪の毛は耳下くらいで切りそろえたおかっぱで、小柄。目つき悪い。
ウサギの医者の言うことがわかるんだけど納得いかない、みたいなことを愚痴ったら
引き算しながら会話すればわかるとかなんとかいってる。小難い言い回しで。
うちの下宿近いからウサギ観てけよ、と半ば強引にキルケちゃんを連れて帰る。
下宿の出入り口に
A(名前忘れた、しらない名前)があなたの部屋をのぞいてる とかって張り紙がある
Aは不要になったプリンターのカードリッジを売りつけたいようだ
(何でわかったのかは不明)
Aの名前があるので学科やら何やらわかるなぁ、と思った
まぁ、部屋くらいのぞかれても良いじゃん 行こうぜ、と思ったら
キルケちゃんが超びびってて
私はこういうのはダメだ。おまえの部屋には行けない。といわれる。
あら残念と思いながら、ふらふら歩いて行くと屋台のようなところで
プリンターとインクを販売している。
ああ、プリンターのインクを買おうといくつか手に取ってるところで
AとAの彼女(?)がやってくる。
インクを買ってくれ、いらない、型が違うとか何とか口論になり
Aはビデオカセット(VHS)のような大きなインクカートリッジをこちらに投げてよこして
逃走すべく薄青の車に乗り込む。
ああ、あとで料金請求する気か、と思って大声で
「あんたの学科も名前もわかるんだからね。詐欺みたいなコトしてるんじゃねーよ」
とか叫んだらその車にひかれた


というところで目が覚めた。
キルケちゃんが可愛かったwwww
たぶんタラコの歌の子がベースになってるwwww