elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0244

いらないと言われた反動で

ものすごーく

 \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
 >パコりたいです!!(ギャル語 <
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\

一応、セックスしたい相当の相手が居て、それからセックスしたくなるのが順番の気がするのだが
身体は正直だな ふへへへへへ(あれ、でもメンタル要因の気もする)
この勢いで適当にセックスすると相手は「別に誰でもよかった」って事が多いんだよな、今までの経験上
(適当じゃなかった、ということかw)
「誰か私じゃないとダメって人とセックスしたい」というのは特定の誰かになるのだろうかw
ま、人間関係は鏡っすなぁ(どこかで聞いたような事でまとめてみる)

歌と物語

中島みゆきさんの「ファイト!」が、話題になっていて
ファイト! が頑張れと言うよりは戦えに近いニュアンスで
その割、中島みゆきさんは投げやりにも聞こえるような、どこかよそ事のように「♪ふぁ〜いとっ」と歌う
タブンそれが良いのだろう。そこで変に力込めて「Fight!!」とか歌われても
おまえにはわからんだろっって感じになるし


「♪ふぁ〜いとっ」と脂さんの「(^o^) ノ<ころしあえー」(だっけ?)が
ちょっと似てるような似てないような。私の中で中島みゆきと言えば脂さんだから連想しただけか


で、そういう物語がある歌には魅力がある訳なんだが
ようつべダラダラみてて、ミドリカワ書房の歌にたどり着いた。
これは、まぁ、物語の歌って感じなんだよなぁ
虎無竜のロードとかバンプオブチキンのKとか
良い悪いじゃなくて、なんつーか吟遊詩人ってこんな感じなんだろうなぁ、と。


どっちも好きです、はい。