elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0296

思いつき

「アンタとなら心中してやってもいいよ」
――僕のブログで最初についたコメントは病んでいた。

って感じのヤンデレとか出てくる小説書いたらどうかしら(何がだよw

自立した大人の条件

自立した男ってようわからんが、妻帯者で一般的に成熟したであろう男性は見方を変えると嫁のATMだったりするわけじゃん? 人生自分のためなんていってたらむなしさ炸裂で「誰かのため」だと思いたがるわけじゃん? 「家族のために頑張って働いてます」で男性は「自立した大人」ぶれるわけよね。周囲も認めるし。
男にとって都合のいいだけのオンナ」というか「男にとって都合のいいためのオンナ」ってのが自立したオンナの像になっていくのかなぁ。んで、少子化万歳、と。
オンナは子供の頃は大人に「おまえたちのために」といわれ、結婚したら夫に「おまえのために」と言われ続ける。子供を産んで子供のためにの再生産は被害者が増えるだけだから少子化で正解なのかもしれんね、とか。


そういや、家を出てしばらくしたら元夫(当時夫)が泣きながら「おまえのために買ったマンションなのに」とか電話してきたなぁ。同居してる頃に「もし離婚したら(マンション)どうするの?」って聞いたらアッサリ「R(彼の妹の子)にやる」って言ってたじゃん。うっそつきーwww