elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0265

特にネタもないので引き続き夢の断片を


祭りか何かで路上混雑
どこかから浅草まで人力車で移動してる途中で親父に会う
目的地で親父と車夫が話し込んでいる
この辺の立体駐車場に親父の車がある
親父の後ろか階段の踊り場で、会おうと思った男が何かを呟きながらすごい勢いで目の前を通り過ぎていく
すれ違ってしまったなぁ、と思う
マンションの一室(?)で横になってる親父に抱きつく
「どんなに好きでも俺は挿れてやれんよ?」と言われて「わかってるよwwww」と答える


会おうと思った男は20の頃結婚しようと思ってた男で、前の彼女が子供おろしたのを引きずってて変な嘘ついたりするので勝手に私が修羅場になって別れた相手wwww いや、結婚は無理だと思ったんだけど、なかなか(私だけが)別れれなくて結局相手が転勤になるまで私が粘着してたんだな・・・・・・よくわからん


夢に出てくる男が毎回違うのがなんかちょっと自分にもにょるwww