elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

No.0254

昔、後輩を虐めてしまったことがある。ずーっと後悔してて、その後相手が、やめてくれと言うまで誕生日プレゼントを送りつけていた。一種のストーカだったと思う。


その相手が私のストーカーになる夢を見た。逃げ惑い、最後に説得して涙の和解、的な。


自宅が比較的近いので、実家に帰ってきてから彼女の家を何度も見て、申し訳なく思う。
そういう罪悪感から逃れようとしてるのかもしれない。
起きてから最低だなぁ、と自己嫌悪。


その中でほかに印象に残ってるのは

  • 舞台は小学校(めちゃくちゃ巨大になってたけど母校のイメージ)
  • 親友に助けて貰う
  • 障子が破れる
  • 親父の位牌が割れる
  • 早く東京に帰らないと、と焦る

って感じだった。