elveさん抜きで話進めてくれ、意味がわからん

elveの昔のブログ(ダイアリ時代)

「自覚している」という限度を超えていると自覚が無くなるらしい

難しい話である(笑)
矛盾という限度を超えるのは夢の話。
今日見た夢の話。


家に一人で居る。
突然男が現れる。優しい笑顔。私の最初の男。


どこから入ってきたの? 元気だった?


ふんわりとした空気に流されてそのまま良い感じのムードになる。
男の首筋を舐めながらうっとりしていると
ヤケに野犬(なぜか野犬)の声が大きく聞こえる。


アンタ、ドア開けっ放しにした!?


慌てて窓の外を見る。
グラジオスがすごく綺麗で余計にやな予感がする。
部屋と台所の境目のガラス戸の向こうに黒ウサギが居る
よかった無事だ
向こうもほっとしたように見える。
引き戸を開けると、黒ウサギだと思ったのは小さな野犬だった
近くに居た大きな野犬が逃げていく
ウサギが
慌てて探すと上半身だけの白ウサギを見つける。
死んでるよなぁ
これは生きてないよなぁ
撫でてみたけど反応がない
ウチのは黒ウサギ
まだ生きてるかも


玄関を出るとそこに血だまり


ああ、死んじゃった
ウサギ死んじゃった


すごく悲しくて悲しくて
泣き叫んでるのに涙も声も出ない
頭の血管が切れそうなほど叫んでるのに声が出ない


どうしたの?


辛くて悲しくてどうしようもないのに男に伝えることができない。


あなたがちゃんと戸を閉めてくれさえしたら


苦しくて目が覚めた。
あの家にウサギは本当にいたのだろうか・・・。